里山わくわくクラブについて

1.設立 2018年4月1日 任意団体「NPO 里山わくわくクラブ」として発足し活動を開始しました。

2.活動 月2回(土・日曜日 1泊2日)を基本としていますが日帰り参加も可能です(全て自由参加)。作業は主に登山道(ハイキングコースレベル)整備及び植林地整備で、作業内容は各自の技量や体力に見合った範囲で行います、特に初心者には十分な基本指導を行います。作業に必要な用具はクラブにて用意します(ヘルメット、ノコギリ、ナタ、刈払機、チェンソー等)。

3.作業 作業場所の決定や村役場担当者との協議・連絡など段取りはクラブ役員が行います。現場での作業は主に作業責任者の指示のもとに、安全第一で進めます。

4.クラブ運営  会員は年会費6,000円、1泊2日で参加する場合は宿泊施設利用料&食事費(3食)として3,500円、但し日帰り参加の場合は不要。これらは主にボランテア保険への加入、作業用機械・用具及び消耗品類の購入、宿舎の維持管理費と食事費などに充てられます。

民家を年間契約で賃借し活動拠点としおり会員は宿舎を個人的に利用することが出来ます(クラブの活動日以外)。

役員は5名で構成され、代表者、事務局長、幹事を役員の互選で選びます。